そら豆はピーマンの畝へ







今年もピーマン2条植え畝の中央に空豆を播きました。

まもなく枯れてゆくピーマンの株は冬に空豆の暴風材的な役割を果たし、落ちてゆくピーマンの葉や実は土壌資源となり、ピーマンを支えていた支柱は春に空豆を支える支柱へ。

こういう循環が覚えさせてくれる「有機らしさ」が僕はたまらなく好きです。

© 2013 kuboderafarm