top of page

セロリはスジありが旨いと思っている


グリーンセロリの季節です。


一般的に売られている薄緑色の品種に比べて香りが大分強いセロリです。

梅雨の重たい空気を一気に軽くしてくれるような爽快な香りが、この時期癖になります。

スジを丁寧にとって柔らかく楽しむのもよいと思いますし、香りが強いので、煮込み料理に使うのもよいと思うのですが、僕はどちらかというと「セロリは硬いスジが旨いんじゃないか!!」と思っている派ですので、生でバリバリ食べるのが一番好きです。


美味しさには色々な種類があると思いますが、僕は、素材から滲みでてくる旨味を噛み締めることによって味わえるような美味しさにとても魅せられていて、そのような感性を深く養えるような食事ができることに大きな喜びを感じます。


情報でも言葉でも人との関係性でも、深く噛み締めて味わおうとすることで得られるものの価値には、どこか共通点があるような気がしています。


それは「素材の奥深さ」とか「あるがままの姿」というようなものに触れられる可能性が高まる、という共通価値です。


と、「僕が硬いものを噛み締めることをいいなと思っている」という話はこの辺までにして、グリーンセロリの話しに戻しますが、硬いものが苦手な方には、スジをとったり煮込んだりすることを全力でオススメしていますので(笑)、グリーンセロリが届いた際には、皆さまのお好みの方法でお楽しみくださいませ。


とびきりの爽快感、皆さまにもお楽しみいただけたら嬉しく思います。

Comments


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

bottom of page