不耕起栽培の注目点






年々長くなる宮重大根の根長。

まるで、深く耕さないことによる土壌環境の変化状況を僕に教えてくれているかのようです。

不耕起栽培って、思想や手法、そのスタイル自体に注目が集まりがちですが、僕がもっとも注目している所は、人が大きな力を使わずとも、多くの実りを得られる土壌が小さな生物たちの力でじっくり育っていくという過程そのものです。

その過程は、「いたずらに急ぎすぎない方が磐石な基礎が築ける可能性が高い」という、多くの原則に当てはまるであろうシンプルな法則の本質的価値を僕に教えてくれます。

© 2013 kuboderafarm