top of page

今期の夏野菜の準備も終盤に







■夏野菜の種まきや植え付けもピークを越え、終盤に入っています。

残すは、バジル、モロヘイヤ、ツルムラサキ、空芯菜などの、夏の食卓に面白味をもたせてくれる、頼もしい葉野菜たちの植え付けや種まきのみです。

それが終わった後は、春から今までの間に植え付けたもののお世話期に入りますが、せっかく仕事のピークを越えて一段落した所ですので、一度、山や川や湖などの畑以外のフィールドに遊びに行ってこようと思います♪

仕事や夢に向かって進む時間も大切ですが、遊びに行ったり家族とのんびり過ごす時間も同じくらいに大切なことですからね♪

※写真は2週間くらい前のバジルの苗です。

バジルはトマトやナスと植え付け相性が良いとされていますので、うちは毎年、トマトやナスの株から20~30㎝くらい離した所に混植しています。

一緒に植えることで、トマトやナスの味をよくしてくれたり、トマトやナスに付く虫を遠ざけてくれる効果もあると言われていますが、もしそれが確かな話しなのであれば、料理のお供にしても相性が良くて、植え付け相性も良いなんて、なんだか素敵な関係ですね♪

関連記事

すべて表示

2月に採れる予定のお野菜

白菜、キャベツ、ブロッコリー、里芋、壬生菜、人参、大根、黒キャベツ、カリーノケール、ネギ、リーキ、ほうれん草、小松菜、ふきのとう、ごぼう、コールラビ、菜花 の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうなのか)〜」のような感

​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page