top of page

厳しい経験は成長の起爆剤





今週は急に気温が下がったこともあり、夏の野菜ももうほとんど採れなくなってしまいました。

今週で出荷が最後になるお野菜も多いと思います。

いよいよ本格的に秋冬のお野菜にチェンジするという所なのですが、先日もお話しさせてもらった通り、今年は種播きや植え付けの初期段階で大ゴケ(極端な天候や虫害)しましたので、バランスよくチェンジできる気が全然していません……。

今、ようやく葉物が出揃ってきはしましたが、ブロッコリーや白菜などの大型の株ものや、根菜類が大分遅れをとっています。

そんなこともあり、夏野菜がなくなって少しの間は葉物が中心のセットになってしまうかもしれません。

セット内容のバランスに多少偏りが出てしまうかもしれませんが、ご理解いただけると嬉しいです。

例年と同じように仕事をしていても、気候や環境によって全く違う結果が返ってきたりするので、それに悩まされたりすることもありますが、突発的な自然の厳しい一手に対して、否定的な面ばかり見ることをせず、「どうしたらその問題をヘッジすることができるか??」ということを積極的に考え、行動していきたいものです。

今年のこの経験は、また自分を大きく成長させてくれる貴重な経験になりそうです。

厳しい経験は成長の大きな起爆剤ですからね♪

関連記事

すべて表示

かぶ、人参、大根、水菜、壬生菜、カボチャ、キャベツ、ブロッコリー、小松菜、 ねぎ、里芋、さつまいも、ほうれん草、ごぼう、菜花、黒キャベツ、ふきのとう、 コールラビ、じゃがいも の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうな

​Post List