台風の影響は大きく…







先日の台風、なかなか凄まじいものでした。

怖いくらいの暴風雨に心が緊張してしまっていたのか、台風の夜はなかなか眠ることができず、山の稜線でテン泊して天気がひどく荒れてしまった時に感じた胸騒ぎ感のようなものすら覚えました。

僕は農業を始めてから、暴風雨の音に対して敏感になってしまったことは間違いなく、その猛烈な雨風の音を聞くと、畑の作物が煽られている姿を考えすぎてしまい、気持ちが落ち着かなくなって眠ることができなくなってしまいます。 ですので、その対策として、あまりにざわざわして落ち着かない時は、外の世界の音を遮断するためにヘッドホンをつけ、緩やかで優しいDanceMusicを聴きながら眠りにつくようにしています。

それでお野菜たちが救われるわけでもなんでもないのですが、本能的に発生するざわざわ感を少しでも抑制し、すっと眠りにつけるようにする為の僕なりの一つの方法です。


しかし、今回の台風は風で家が揺れまくっていたので、音を遮断しても結局ざわざわしっぱなしでしたが…。

そんな夜の様子でもう覚悟はしていましたが、この度の台風によるお野菜への影響はとても大きなもので、農園史上最大の被害になってしまいました。

好調だった実野菜たちの枝は折れ、実は落ち、おまけに潮害で枯れてしまった株も多く、先日行った補強対策も虚しく、支柱のなぎ倒されっぷりも酷いものでした。

台風前の長雨で土がズブズブになってしまっていたのも被害を拡大させた要因の一つでしょう。

また、今採れているものだけでなく、これから採ろうとしている成長真っ只中の葉物類、ブロッコリーやカリフラワーなども、もの凄い風に煽られた影響で根が浮きあげられてしまっていたり、葉がほとんど折れてしまったりもしていました。

中でもネギがとにかく酷いものでした。ほぼ全折れです…。

というような感じですので、今年は、秋冬野菜へのシフトがスムーズに行く気がしませんので、これからしばらくの間は皆さんにお届けできるお野菜が少なくなってしまうかと思います。

大変申し訳ありませんが、ご容赦いただけたら嬉しく思います。

(それに伴い、現在お受けしている単発便もご注文から発送までの時間を少しいただいてしまう可能性もあるかと思います。こちらもご理解いただけたら嬉しく思います。)

とほほ感もなかなかのものではありますが、まぁ、これも何かの必要があって起こっていることでもあるでしょうから、地球の調整機能も含めて考えて、どこかで何か良い流れが生み出されていたりもするのでしょう。 それ自体を明らかにすることは難しいことでしょうが、僕はそれを考えるだけでいくらでも前向きになれる気がするおめでたいやつなのです♪ (ただ鈍感なだけなんですけどね(笑))

※写真はまだ幼いカブですが、まだ幼い子らの被害はほぼありませんので、すぐ先の明るい未来を想像することができ、とても前向きな気持ちになれたりもしています。

結局、自然にいくら翻弄されたとしても、その自然に豊かさをいただくんですよね♪

© 2013 kuboderafarm