少しづつ夏の気配









■少し遅いスタートになってしまいましたが、ズッキーニ、キュウリ、ミニトマトなどの成り物野菜も少しづつ実りモードに入ってきて、ようやく夏の気配が感じられるようになってきました。

今春は、少雨による生育の鈍化を大いに痛感しましたが、同時に改めて自然からの恵みへの感謝の気持ちが大きくなった、心に光が差し込んだような春でもありました。

今春の極端な少雨のように、いつも自分を支えてくれている力の大きさに気づかせてもらえるような出来事は、自分の自然や物事に対する姿勢を見直すきっかけになることも多いので、厳しいことではありましたが、とても感謝したいことだったりします。


僕は結構視野が狭いので、目の前にタスクが盛り沢山になったり、新しいアイデアが頭に浮かんだりすると、そっちにばっかり気持ちが突っ走ってしまって、すぐに身近にある大切なものへの感謝をおろそかにしがちです。

(これは恥ずかしながら、自然以外にも家族や物に対しても言えることだったりします。)

ですので、鈍感な僕にとっては「自分のタスクや願いなんかよりもはるかに大切に考えなければならないことが身近に沢山ある」ということを気づかせてくれるような出来事は、とても良い薬なのだと思っています。

今回の少雨のことでいえば、自然界から「何でもかんでもお前の思い通りになると思うなよ!!」って言われて、ハッと自分の心の汚れに気づくみたいなものでしょうか(笑)

また、今回のことで、自然に心からの感謝をできなくなってしまったら、僕が農業にアプローチする意味自体が消えてしまうことにも気がつかせてもらったような気がしますので、自分が大切にしていきたいことを見失わないように気をつけながら、これからも憧れのフィールドを目指して突っ走って行きたいと思います♪

※成り物野菜が本格的に揃ったら、ようやく新規注文を受け付けられそうですので、その時はまたアナウンスさせていただきますね〜♪





© 2013 kuboderafarm