top of page

強要的なヴィーガニズムは全く理解できないけれど、それが、文化や嗜好、個人の選択としてのものであれば心から尊重したい。



新しくうちの野菜を使ってくださるお店の紹介をさせていただきます。



東京世田谷区奥沢にある、ヴィーガンメニューの提供を主軸に運営されているCafe & Bar Fonte というお店です。


オーナーは、うちの畑にも定期的にご来園いただいていて、僕の農業の手法や考え方にも理解を示してくださっている方です。

]

素材のことをとても丁寧に考えられている方ですので、この度、野菜を使用していただけることをとても嬉しく思っています。


うちの野菜共々、fonteの応援もどうぞよろしくお願いいたします。




■僕のヴィーガンに対しての考えを簡単に。



まず大前提として、僕は野菜をとても美味しいものだと思っていますので、野菜を主役にしたお店が一つの選択肢として社会に存在していることには大きな喜びを感じます。


しかし、だからといって、ヴィーガンという概念を魅力的に思っているかといえば、別にそういう訳でもありません。


以前にもBlogで書いたことがありますが、僕はヴィーガンではありませんし、なりたいとも思っていません。

また、過剰に信仰化されすぎたものや強要的なヴィーガニズムは全く理解できないので、そういうものがもてはやされる風潮があまり助長されないとよいなと思っています。



ただその一方で、別にそれ自体に否定的な思いを持っている訳でもありませんし、文化や嗜好、個人の選択としてのものであれば、心から尊重したいと思っています。



なぜならば、異文化や個人の自由な選択が許容されやすい社会は、とても豊かなものだと思うからです。






Comments


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page