梅雨も終わり夏へ







■今年は、「このまま雨がほとんど降らずに梅雨も終わりなんだろーなー??」 という空気感がムンムン漂っていましたが、今日、午後に入ってから猛烈なドカ雨が降ってきてくれましたー♪

今年の梅雨期は、降水量だけを見れば例年とそこまで変わらない数字が出ていますが、その降水量の7割くらいは、1日で降ったドカ雨による数字だったりします。

ですので、雨が降った日数自体は例年に比べて随分少なくなっています。


「それは降っていない感が強い訳だ」と納得のデータですが、今日のドカ雨で、畑も大分潤ってくれたのではないかと思います♪

とても嬉しい、喜びの雨です。

■夏の始まりを告げるように、畑の名ミュージシャン「セミ」も、その時を待っていたと言わんばかりに、ジージー、ミンミンと、メスを呼ぶための猛アピールSoundsを全力で響かせ始めております。

セミのオスメス比は基本1:1などと言われていますが、メスは成虫の内に一度しか交尾できず、オスは複数回交尾できるということから、何割かのオスは一度も交尾できずに、その生涯を閉じると言われています。

ということから、セミの鳴き声を聞くと、「成虫期間も極端に短いし、そりゃー必死で猛アピールする訳だよな…」とか考えてしまったりします。

と、このまま行くと昆虫の話で自分自信が盛り上がってしまいそうですので、そろそろ野菜の話しに移ります(笑)

以前に「今年はさつまいもの省力化栽培」という投稿をしましたが、その後、なかなか良い具合に草が抑えられていて、例年よりも草抑えの仕事に手がかかっていません。

(以前に書いた、省力化チャレンジについての投稿をご覧になっていない方はこちらからどーぞ → http://www.kuboderafarm.com/blogs/category/さつまいも/

生えている草そのものもそうですが、刈り草や枯れ草も、「虫や病原菌の温床になる」という見方をされることも多く、何かと栽培過程で煙たがられる存在だったりしますが、使い方や考え方次第でとても強い味方になってくれることもあります。

今年のうちのさつまいも畑は、草との関わりの大切さを改めて考えさせられる、とても素敵なフィールドになっているような気がします。

僕の理想とする風光明媚な場所とは、自分とそこに存在する生き物との関わりのこともちゃんと考えさせてくれる自然環境のことですので、僕にとって今年のさつまいも畑は素晴らしい程の大絶景です♪

最新記事

すべて表示

今週のお野菜セット

ブロッコリー、リーフレタス、九条ねぎ、コールラビ、新生姜、ルッコラ、キャベツ、カボチャ、ピーマン、甘唐辛子 サラダ水菜、赤からし菜、小かぶ、サラダ春菊、さつまいも、カリフラワー、里芋 の中から 7〜10品。

© 2013 kuboderafarm