現実的な生産方式としてワークしていない不耕起栽培ではあるけれど、一方で明るい材料も多い。



近年、土壌撹乱を最小限に抑えることに努める「不耕起栽培」や「保全耕耘」のような農業技術が、地球温暖化防止力を高めるということで世界的にも注目されていたりしますが、これが、日本でイメージされているような「環境に優しい農業」(「無農薬」「自然農」)のような考えを前提としたようなものと同じかといえばそういう訳でもありません。



全米では全農地の約4割近くが不耕起栽培で管理されていると言われていますが、それは、トラクターの燃料費や作業コストの軽減、土壌の劣化防止など、農業をする上でも現実的かつ効率的な手段として存在していて、生産活動としてもメジャーな手法として機能しています。



また、アメリカには同じ不耕起でも、化学肥料や農薬を使わない不耕起有機農業と、化学肥料、遺伝子組み換え、除草剤がセットの不耕起慣行農業の2種類があると言われていますが、「土を育てるー自然をよみがえらせる土壌革命」の著者ゲイブ・ブラウンは、アメリカで不耕起有機農業が行われている比率は高くないと言っていました。



ですので、現状アメリカでは、産業としての不耕起栽培を現実的なものとするためには、化学肥料、遺伝子組み替え、除草剤をセットで考えることが前提条件になっているのだろうと思います。



一方、日本では、僕のように「機械をほぼ使用せずに主に手道具で」みたいな栽培方法や、「無農薬、天然資材で」というようなことを大前提として不耕起栽培がイメージされていることが多いと思います。


また、そのようなものが、本格的に農業に取り入れられているようなケースはまだほとんどありませんし、そのあまりの非効率性から、現実的な生産活動としては認知されておらず、自給的な農生活や、体験やレジャー的なものの枠を出ることができず、極細々と存在している概念に過ぎません。