top of page

生ニンニクの季節









掘り立てほやほや、生ニンニクの季節がやってきました。

生のニンニクはとても水々しく、嫌味のないスッキリとした香りやプリップリの食感が楽しめることもあり、個人的には「ニンニクを使うのであれば、いかなる時も生ニンニクを使いたい」という欲圧に圧倒されそうになりますが、乾燥していない生のニンニクを楽しめるのは収穫時期の今だけになりますので、そんなわがままな欲望に逆圧力をかけて潰すまでもなく、欲求は自然にしおれていきます。

一気に掘り上げず、使用の度にその都度掘り上げることによって、生の状態を長く楽しめるかと思いきや、収穫期をすぎて畑に置きっ放しにしておくと鱗片が開き気味になってしまい、保存性も下がり、品質や状態も悪くなってしまいますので、適期に確実に掘り上げた方が結果的にニンニクを楽しめる時間は長くなります。


ということで、生のニンニクを楽しめるのは約1〜2週間くらいの極短い間になってしまいますので、現在、うちのお野菜をとっていただいている全ての方にお届けすることはできないかもしれませんが、収穫期間内に配送スケジュールに組み込まれている方のセットには確実に入れさせていただこうと思いますので、セットに入っていた方は、是非、生のニンニクの風味や香りをお楽しみいただけたら幸いです♪

薬味で使ったり、加熱調理の香りづけに使っても良いですし、丸ごとホイル焼きなんかもオススメです♪

我が家は毎年この時期になると、生ニンニクのホイル焼きを必ずいただいていますが(ページ最下部写真)、今年も変わらない濃厚な香りとお芋のようなホクホク感に、例年どおりの歓喜に満ちた唸り声を食卓であげ続けている所です♪

こういう香りもののお野菜が出てくると、毎度、「皆さまにも是非この香りをブラウザ越しに伝えたい!!」という気持ちになりますが、なかなかそれは難しいですよね…。

VR、AR、MR、SRに続き、「現実の物がなくても香りを再現できるテクノロジー」みたいな技術が出てきて、ブラウザ越しでもリアルな香りをお届けできるようになったら、それはそれで面白そうだなーと思います。

僕なんぞが考えられることは、もうすでに誰かが研究、実験を繰り返している所でしょうから、FR(Fragrance Reality)が出てくる未来もそう遠くないのかな??








関連記事

すべて表示

2月に採れる予定のお野菜

白菜、キャベツ、ブロッコリー、里芋、壬生菜、人参、大根、黒キャベツ、カリーノケール、ネギ、リーキ、ほうれん草、小松菜、ふきのとう、ごぼう、コールラビ、菜花 の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうなのか)〜」のような感

​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page