畝上の緩やかな季節変化







前回の投稿、「大根畝中央にさつまいも植え付け」に続き、今日も初夏の根菜とお芋のコラボ投稿です。

今日は「人参畝の中央に里芋の混植」になります。(写真)

そろそろ人参を収穫し始めますので、これから緩やかに畝の主役が里芋に交代していく予定です。


人参の堀跡は柔らかくないわけがないので、里芋の土寄せが人力でも超楽チンに行えます。 この混植物語の最も興奮できるポイントをあげるとするならば、間違いなくその土寄せの瞬間になるでしょう(笑)

その後、土寄せが一通り終わったら、畝の片側に溝をきって葉物やカブを播くか、里芋を掘りあげる前に株間に空豆を播くかのパターンになると思います。

複数のお野菜が畝上で緩やかに季節変化していく様子は、見ていて本当に気持ち良い♪

畝上の異なるお野菜のインとアウトのラインが、異なる楽曲が入れ替わっていく時のクロスフェーダーカーブのような曲線を描けた時の快感は、凄すぎてもう言語化不能です(笑)

最新記事

すべて表示

今週のお野菜セット

ブロッコリー、リーフレタス、九条ねぎ、コールラビ、新生姜、ルッコラ、キャベツ、カボチャ、ピーマン、甘唐辛子 サラダ水菜、小松菜、チンゲン菜、春菊、赤からし菜、小かぶ、春菊、さつまいも、カリフラワー、里芋

© 2013 kuboderafarm