畝上の緩やかな季節変化







前回の投稿、「大根畝中央にさつまいも植え付け」に続き、今日も初夏の根菜とお芋のコラボ投稿です。

今日は「人参畝の中央に里芋の混植」になります。(写真)

そろそろ人参を収穫し始めますので、これから緩やかに畝の主役が里芋に交代していく予定です。


人参の堀跡は柔らかくないわけがないので、里芋の土寄せが人力でも超楽チンに行えます。 この混植物語の最も興奮できるポイントをあげるとするならば、間違いなくその土寄せの瞬間になるでしょう(笑)

その後、土寄せが一通り終わったら、畝の片側に溝をきって葉物やカブを播くか、里芋を掘りあげる前に株間に空豆を播くかのパターンになると思います。

複数のお野菜が畝上で緩やかに季節変化していく様子は、見ていて本当に気持ち良い♪

畝上の異なるお野菜のインとアウトのラインが、異なる楽曲が入れ替わっていく時のクロスフェーダーカーブのような曲線を描けた時の快感は、凄すぎてもう言語化不能です(笑)

関連記事

すべて表示

今週のお野菜セット

ニンニクの芽、ニラ、サラダ小カブ、リーフレタス、ミニ大根、チンゲン菜、 小松菜、葉人参、ルッコラ、わさび菜、ふき、エシャレット、大豆、赤からし菜、 絹さや、スナップエンドウ、空豆 の中から7~10品程度

​Post List

1/161

​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。

​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かのご参考になれたとしたら、とても嬉しく思います。

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。