top of page

白絹病と草マルチ





うちは毎年、晩春に空豆の株を片付ける時に、その株元にツルムラサキの種を播いているのですが、空豆の生育期に春草をたっぷり草マルチしていることや、空豆の窒素固定の影響なのか、大した手をかけずとも、毎年、本当によく育ってくれます。

畑の土質にもよりますが、上記の例に限らず、前作でたっぷり草マルチをした所は 多くの野菜が育ちやすい状態が作られていることが多いと感じています。

「やっぱり草があってこそだよなー」と、改めて草の存在の大切さを今年も再確認していた所、今年はその草マルチの枯れ草を利用して発達している、白絹病の菌核の姿が畑のあちらこちらで目立ちます。

例年、ほとんど気になったことがなかったのですが、今年はこの白絹病の菌によって、夏の実野菜もそれなりの被害にあっていて、草マルチとの上手な付き合い方を考えさせられています。

数年の草マルチによってコロニーを作ってしまったのでしょうかねー ……。

まぁ、とはいえ、まだ病気が激発している訳ではありませんし、そもそも草マルチ自体にそこまでの原因があると分かった訳でもありませんので、これからも注意深く観察していきたいと思っています。

その内、自然に拮抗勢力が出てきてくれると嬉しいのですが…。

関連記事

すべて表示

2月に採れる予定のお野菜

白菜、キャベツ、ブロッコリー、里芋、壬生菜、人参、大根、黒キャベツ、カリーノケール、ネギ、リーキ、ほうれん草、小松菜、ふきのとう、ごぼう、コールラビ、菜花 の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうなのか)〜」のような感

​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page