秋冬野菜が順調。







先日のサラダ系の葉野菜に続き、黒キャベツやケールなどの濃厚な旨味を備えた冬の葉野菜も順調に育っています。

今年は、大規模台風の影響により農園史上最大の被害を受けてしまい、お届けできるお野菜量が一時的に大幅に落ち込みましたが、ありがたいことにその後のリバウンド力が非常に高く、「今年の秋冬野菜は農園史上最高に良く育ってくれている」という、とても嬉しい結果を現在受けています。

詩人ホイットマンの 「寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る」という言葉を思い出し、喜びをより深めることのできる優れもののスパイス「歯痒さ」のもつ価値について考えさせられています。


今年の秋冬野菜は全体的に豊作の雰囲気が漂っていて、皆さんにお届けできる量を例年よりも増やせそうですので、本日からしばらく休止していた定期便受付を、月1と隔週便のみオープンにしようと思います。

枠をそこまで多くは用意できないので、注文状況次第で受付はすぐに終わってしまうかもしれませんが、以前から利用しようと思っていた方やご興味の湧いた方など、少しでも多くの方にご利用いただけたら嬉しく思います。

しかし、嬉しいことに年々生産できる量が上がっていきます。

僕の理想とする、「自然のシステムに寄り添うように運営していく、少しの道具で行えるシンプル農業」には、まだまだ明るい可能性が沢山ありそうです。

とてもありがたい知らせです♪





© 2013 kuboderafarm