top of page

窒素固定菌、アゾスピリラム



写真は早春(3月)採り予定の大根畝です。


この作型は10月上旬播きなので、さつまいもを掘った後の畝を軽く整地し、種まきをしています。


さつまいものつるは畝間にどかして、畝間で分解させるようにしていますが(大根左側のやつ)、つる残渣を積んだエリア付近は、翌春、明らかに肥えていることが多いので、例年、早春大根の後に続く野菜はとても育てやすい傾向にあると思っています。


さつまいもは葉や茎(つる)に、アゾスピリラムという共生菌がすみつき窒素固定を行うため、肥料分が少ない土でも良く育つ作物だと言われていますが、その共生菌のお陰様でもあるのかもしれないなと考察しております。



もしそうだったとしたらとても嬉しいことです。




​Post List