top of page

花粉症??







白菜、小松菜、青梗菜、ブロッコリー、キャベツなどなど、アブラナ科のお野菜たちが次々と蕾をつけ出し、生殖活動期に入り出しています♪

開花は、子孫を残そうとするための重要なプロセスの一つですが、僕は、「菜花は春の食卓を豊かにしてくれる絶品の味覚」だということを知ってしまっているので、「繁殖活動を邪魔してしまってスマン!!」と思いながらも、早春のしばらくの間は蕾をガンガン摘み取らせてもらっています。

アブラナ科のお野菜からしてみたら、「何すんだ!!お前邪魔すんなよ!!!」って感じかもしれませんが(笑)、そんなことを考えすぎてしまうと何もできなくなってしまいますし、僕がいくら摘んだとしても毎年確実に種を作ってきますので、季節の恵みに感謝し、ありがたく蕾菜各種を楽しませてもらうことにしています♪


お花といえば、最近、「花粉症??」というような症状が少し出始めているような気がしています。

僕の仕事場の畑周りは草木だらけですし、仕事外でも山や森に遊びに行ったりすることも多いので、「この生活を続けていたら、いつ花粉症になってもおかしくないだろう」とずっと考えていましたが、それでもなかなかならないので、「意外と簡単にはならないものなんだなー」と思っていました。

しかし、今年ついに、IgE抗体の生産量が僕のキャパシティの飽和点を超えてきちゃったかもしれません。

とはいえ、まだ検査もしていないのでなんともいえない所ですが、明らかに症状はそれっぽい感じです。

「あーっ、ついに来たかー」とか思いつつも「これで花粉症に苦しんでいる人の気持ちが少しは理解できるようになるかも??」と、思ったりもして(笑)

ここ数日、花粉症らしい症状に慣れない倦怠感を感じていたりもしますが、「新しい経験、体感により、また視野が少し広がるかもなー」くらいに考えるようにしておきましょ♪

走ったら急に治ったりしないかなー(笑)





関連記事

すべて表示

5月のセットに入る予定のお野菜。

キャベツ、水菜、人参、大根、小松菜、青梗菜、かぶ、ルッコラ、カラシ菜、レタス、 ふき、絹さや、スナップエンドウ、エシャレット、玉ねぎ、白菜、ニンニク、ズッキーニ、 の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうなのか)〜」の

Comentários


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page