top of page

青臭さと苦味と硬さがケールという素材の魅力なのではないか??



癖が少なく、サラダでも食べやすいケール、カリーノケールです。


この時期採りの品種は、寒さに強く、冬期~春先にかけて葉重が乗る、CGを使っています。


個人的には、「青臭さと苦味と硬さがケールという素材の魅力なのではないか??」

と思っています。


そのようなことから、「癖が少なくサラダで食べられるケール」なんていうのは、低音を失ってしまったdrum'n'bassみたいなもので、人間との関係性の中で結果的に飛行能力を失ってしまった蚕みたいなものだと思っています。


しかし、そんなことを言っておきながら、これはこれでかなり美味しいケールです(笑)


特に冬期は格別です。


このような優れた品種改良技術のおかげで野菜栽培の楽しさは増す一方ですし、我が家の食卓にも味覚の華やかさや彩りが加わり続けています。


「癖のないケールなんて飛行能力を失った蚕みたいなものだ」、なんてなめたことを言ってすいません。

Комментарии


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page