コマクサ







7月に入って畑仕事はのんびりモードですので、今週は北アルプスに山歩きに行き、高山植物を楽しんできました。

写真のお花は高山植物の女王「コマクサ」です。

寒さ、強風、乾燥、貧栄養、雨や雪による地表の激しい動き、高山帯の中でもとりわけ厳しい「火山噴火によりできた稜線の砂礫地の斜面」という環境を選んで、他の植物との生存競争を避けるように生きているその姿に、とびきり大きな気高さのようなものを感じさせられます。

自らそこを選んだわけではないのかもしれませんが、限られた生命しか生存することができないような過酷なフィールドで生きる術を獲得したものがまとう特殊な雰囲気には、特別な魅力があるものです。

荒涼とした場所に生息し、孤高に生きるコマクサに、ニッチの極みを目指していく価値と自然や生命の神秘性と奥深さを教えてもらったような気がします。

自然、植物は僕の人生を本当に豊かにしてくれます♪



© 2013 kuboderafarm