空豆発芽







■11月の頭に播いた空豆の種の発芽が始まりました。

写真は少し分かりづらいかもしれませんが、双葉が開きながら頑張って土を持ち上げている姿の写真です。 (中央のカニのハサミみたいな双葉のやつです)

今日の朝起きてから、僕が一番最初に発した言葉は、この空豆に向かっての「もうちょっとだ!!頑張れ!!」です(笑)

空豆の発芽を見ていたら「そういえばこの空豆の種は、初夏に学生たちに種採り手伝ってもらったやつだな〜」ということを思い出し、なんだか懐かしい気持ちになりました。

振り返り、学生たちの来園日記 http://www.kuboderafarm.com/blogs/post/学生たちの来園/

日記を振り返ってみると、時が経つのが早いとも感じますが、「まだそれしか経っていないのか」というような感覚の方が強いと感じている自分に気づきます。

よく、充実している時間は過ぎるのが早いと言われることがありますが、充実しているのに時間を長く感じることができているような気がして、なんだか得した気分になっています♪

時間学の中で「新しい出来事や情報による刺激を受け続けることにより、時間の感覚を長く保てる可能性がある」というような説があるようですが、毎日、予測不能でワクワクするような刺激を受けまくっていることもあるのでしょうかねー。

まぁ、その辺の科学的な仕組みはよく分かりませんが、毎日とても楽しいです♪

© 2013 kuboderafarm