top of page

トマト、カラス対策







トマトがやっと勢いづいてきました。

今年は気候の影響もあり、例年と比較して随分のんびりスタートです。

今年みたいに雨日が多い年は、露地トマトに特別な作りづらさを感じるもので、現在、カビ系の病気の広がりが少し気になっている所ですが、そんなことは問題視する必要がないと思ってしまうくらいに、今年のトマトはひどい鳥害を受けました。


「まだ実が青いうちにカラスに実を落とされまくってしまい、一番果がほんの数日で壊滅的な被害を受けてしまう」という、今までなかった規模の鳥害を経験し、新種の洗礼を受けました。

今までカラスが多い畑に関しては、実に果実袋をかければ問題なく対処できていたのですが、今年はかけた袋を全部破られてしまいました…。

僕が毎年のようにトマトを植え付けているものですから、立派な知恵がついちゃったのかもしれませんね。

試しに同じ畑のキュウリやズッキーニにもトマトと同じ袋をかけてみた所、そっちも同じように袋を破られ、今まで見向きもされていなかったキュウリやズッキーニまで齧られてしまうという始末…

どうやら袋がかかっている所に美味しい食べ物があるという認識をしているようですので、余計な実験で新たな食べ物のありかを教えちゃいましたね(苦笑)

ということで、今年は大々的にカラス対策をすることにして、先日、テグスを張りまくってきました。

現在、テグスを張って数日が経ちましたが、被害は一気にゼロに。

道具って本当にすごいですねー。

嬉しい思いも大きい一方、「美味しそうな食べ物を一箇所に育てるという不自然なコロニーを勝手に作っておいて、最終的にこんな仕打ちをしちゃってごめんなーカラス」って感じにもなってます(笑)

生物に対する己の感情の複雑な交わり合いに不思議な感覚を覚えています。

関連記事

すべて表示

7月のセットに入る予定のお野菜

キャベツ、トマト、ミニトマト、インゲン、枝豆、じゃがいも、とうもろこし、玉ねぎ ニンニク、ズッキーニ、きゅうり、ピーマン、甘唐辛子、セロリ、なす、ビーツ の中から7~10品程度 ※月頭時点での1ヶ月の収穫予定品目になりますので、途中でストックがなくなってしまうものや、後から新しい品目が加わったりすることもあるとは思いますが、「今月はこんなものが採れそうなのか(送られてきそうなのか)〜」のような感じ

Comments


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

bottom of page