今年は基本の型に







今年もさつまいもの植えつけシーズンがやってきました。

前年の植え付け省力化方法の作業性や最終収量もそれなりに高かったのですが、振り返ってトータル作業時間を見てみると、途中の草管理に例年よりも時間がかかっていたので、今年はいつもの基本的な型に戻し、畝の中央に刈草をよせ、その脇に植え付け床を作って植えて行こうと思っています。

(さつまいもカテゴリーのBlogを下記に貼り付けておきますので、前年の省力化チャレンジも遡って見たい方はどうぞご覧ください。 http://www.kuboderafarm.com/blogs/category/さつまいも/


今年は種芋から全然芽が出てこず、先週まで「今期は自家苗を使うことはできなそうだな…」 と思っていましたが、つい先日、遅れながらも芽が結構な勢いで出始めてくれていることを確認しました!!

この調子でいけば、植え付け時期に間に合いそうです。

完全に諦めていたので、これは驚くほど嬉しいものです。

最近は色々とうまくいかないことも沢山あって、リズムの乱れの影響で諦めがちになってしまうことも多かったので、そんな自分の負のマインドを一気に吹き飛ばしてくれるような出来事が起こったことに、「何事も偏ることなく、何かしらの形で調整が入るもんだよなー」と、人生の面白さを再確認。

先日、「ポットの片付けができないことによる反省」のBlog内でも書きましたが、僕は畑に心の先生が沢山います。

畑の先生たちは、老荘思想のような尊い教えを読み漁っても感じ取ることの出来ない、真理のようなものを直接的に心に訴えかけてきてくれるので、いつも本当に感謝しています。

今回の先生はさつまいもでしたが、生活や仕事の中に超強力な先生が沢山いることは、とても心強く、豊かでありがたいことです♪






絹さややスナップエンドウ豆の収穫期はもう終わりになりますが、エンドウ豆の第2ステージ、グリンピースが始まっています。

フレッシュグリンピース、相変わらず超美味です♪



© 2013 kuboderafarm