害虫の誕生とその歴史



昨日、キャベツや小松菜など、アブラナ科野菜の虫食い被害を見て、「農薬や防虫ネットなどの防除資材のなかった時代の人たちは一体どうやって対処していたんだろ?」ということが気になりすぎて、色々と調べていたら、「害虫の誕生」という興味深い書籍と出会ったので、即ポチ、即読みしました。


残念ながら、お目当てのアブラナ科野菜の実対策についての記述はありませんでしたが、個人的に興味深い記述だらけでしたので、印象的だった所を少しだけつまんで紹介したいと思います。



まず、害虫という用語自体が割と最近生まれたもののようで、明治以降、農業が経済的に成長していく上で邪魔者であった虫を人の手で排除するようになってから生まれた用語のようです。



人が知恵を得て、虫を害と益に二分化できるようになったということですね。



江戸時代では、原因のよくわからない害虫の大発生は、「天災」や「たたり」として認識されていることも多かったようで、害虫という言葉自体が存在せず、たんに「虫」と呼ばれていたらしいです。

その頃の農産物被害に対しての実対策は、お札を立てたり神頼みで駆除するという儀式的な方法が数多くとられていたようで、それらは明治に入っても極めて一般的で、地方によっては1950年代まで残っていたことも記録されているようです。



「よく分からない」というのは、いつの時代も怖いものだなと思いますが、実はこの例と同じように『「未来から見たら謎でしかない」という行為を現代の我々もやっているのかもしれない??』、ということを問うのは忘れてはならないような気がします。



皆様もご存知の通り、その後人類は、科学技術の発展や知の普及によって爆発的な生産力を手に入れる訳ですが、その変化の過程で、国家と民の間で激しい軋轢の数々があり、今の時代からみると、無慈悲で残酷ともとれてしまうような法制度が平気で制定されていたりもします。



中でも印象的なのは、1896年に制定された「害虫駆除予防法」というものです。