top of page

春大根のビニールトンネルを剥ぐタイミングは地温15度以上。



春大根、もう間もなく収穫期です。


大根の生育後期に高い温度帯で過ごさせるとろくなことがありませんので、うちは今くらいの時期になったら、ビニールトンネルを外して不織布で管理しています。


トンネルを外す時期は、生育状況や気温によって毎年変わりますが、ざっくりと設定している目安は、収穫期まで20日をきっていて、日中の地温が15℃以上になった辺りを目安にしています。


地温や気温や目標収穫期など、目には見えない部分が質や価値の大きな所を支えているというのは、人でも植物でも物質でも基本構造は同じように思います。


「山は高いから価値があるのではなく、生い茂った森林があるからこそ貴いのである」ということを言い表した諺、「山高きが故に貴からず」にも近い感じでしょうか。


と、いかにもそれらしいことを書いていますが、僕が目に見えない世界のことを想像できているかどうかというのはまた別の話です。


あまりにも気がきかなすぎて、いつも妻や娘に突っ込まれまくっているくらいですから、おそらく僕は、先のことを想像したり空気を読んだりする能力が低い方の人間なのだろうと思います。


我ながら困ったものです(笑)


今日は星の王子さまを読みなおそう。




Comments


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page