top of page

草を積極的に生やすことによる科学的メリット





「草を積極的に生やして土に還していると、土は次第に易分解性腐植が増えて地力がついてきます。易分解性腐植はチッソやミネラルなどの養分を貯め込みます。植物が養分を必要として、自分で根を伸ばしにいけば、その時に必要な分だけ放出します。」


この一文は、就農当初に読んだ「農家が教える自然農法」という本の中に書いてあった、農学博士の木嶋利男先生のコメントから抜粋したものです。


僕はこの一文に結構影響を受けていて、今でもこういうサイクルの中で回せるような農業を理想に描いています。


しかし、そういうものをイメージしながら10年進んできてみて思うことは、生産的な農業として考えた時の非現実性の高さです。


おそらく理にかなっている部分も多いであろうと今でも信じてはいますが、その一方で、やればやるほど、学ぼうとすればするほど、未だ産業の現場で実践的に活かせるような科学的知見ではないという現実を感じたりもします。


1家族が食べていくくらいの農業であれば、その非現実性は大した問題にはならないのですが、その先に行こうとした時のことを思うと、希望が湧いてくるような側面もある一方で、そこに虚無感すら感じることもあります。


「ツァラトゥストラはかく語りき」の超人になるための精神の3つの変化の中で言えば、今の僕は獅子の段階だと思います。

(自分の欲求や理想が常識や現実といったものに支配されていて前に進むことが困難で、新しい自由な価値を創造するために争っているというような段階)


いつか自己を超克できたら嬉しいものです。


今日の午前中は雨なので、育苗用の種まき仕事、ピーマンの移植作業をしています。


露地栽培をする上で、雨日をどう有効に使えるかで後々の結果が大きく変わってきますから、雨日の采配を意識することは結構大切なことのように思っています。

Comments


​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。
​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かの参考になれたとしたら、それはとても嬉しいことです。
 

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

bottom of page