落花生、生姜、里芋



今年は、生姜、里芋、落花生の超密混植栽培が大成功です。


理想的な畝景やその風景美を前にし、畑に受け入れてもらえた感が半端じゃないです。



環境でも人でも組織でも、ちゃんと受け入れてもらう為には時間がかかることも多いですが、一度受け入れてもらえると、想像を超えるような力を体感できることも多いものです。


まだ全部を掘り上げたわけではないので、なんとも言えない所ではありますが、今までの経験を元にして考えると、かなりの確率で収量も見込めると思っています。



1畝で秋の主要品目を3種も贅沢採りできるのは、とても嬉しいことです。



また、かなり密植にしたので、スペースコスト的にも管理時間的にも大分省力化できたということも喜ばしいポイントの1つです。

(1メートル幅の畝の中央に1条、生姜、里芋を20~30センチピッチで交互に植え付け、その横に条間を30センチとって1条、落花生を株間30センチで植え付けています。)

今回の収穫後の結果によってではありますが、「今後、この3種は1セットで考えても良いかもしれないな」 と考えています。


年々、アイデアを形にできるようになってきていることもあり、ますます野良仕事が楽しくなってきています。



ありがたいことです。



​Post List

1/160

​最新記事

  • Facebook
  • Instagram
a242ef95b21fab738914488bce48fe06d9ec1837

■人の力と少しの道具で成り立つ、シンプル&ミニマムな農業をモットーに、農園を営んでおります。

当Blogの主な内容は、「久保寺農園の少量多品目野菜栽培記」や「生業としての不耕起、浅耕起型農業の実践記 & その栽培方法と考え方」になります。

​同じような栽培方法に取り組まれている方々にとって、当園Blogが何かのご参考になれたとしたら、とても嬉しく思います。

News Curation

■農業、環境、エネルギー、それらの分野に対するテクノロジーの記事を中心に、気になったNewsをPickしています。

© 2013 kuboderafarm

  • Facebook
  • Instagram